減るようで減っていない住宅ローン

新築一戸建て住宅の購入をしたのが約15年前 当時は不景気感がまだ少ない時期でしたので、周りの知人も私達家族も当然の様に住宅展示場を見て廻り 問題は子供が通う学校の区の心配くらいでした。

 

まだ収入に関しても年収が年々上昇するのが当然の様に思われていた時期でもありました が 世の中景気がいい時ばかりではありません。

 

当時の収入と比べても増えるどころかむしろ減っていますし 幼稚園だった子供も大学生 パート勤めの奥さんにも頑張ってもらってはいますが大きなお金が右から左へと恐ろしい勢いで どんどん出ていきます。

 

どこの家庭もこんなものかなとも思いたくはなりますが 重くのしかかっているのはやはり住宅ローンです。リボリング方式のせいなのか 利息から払っていく為 30年ローンの半分が過ぎたのに元金はまだ3分の2が残っています。

 

わかってはいますがまだまだ完済までは遠く長い道のりに感じられます 子供の大学もあと1年 もう一息と思いながら頑張っていきたいですね。